すぐ15万円借りたい!借入可能?

おすすめ

すぐに15万円借りるのは可能?

15万円だと大きな金額なので借りるのは難しいと思っているかもしれませんが大丈夫です。借りれるキャッシング業者があります。借りるための申し込みや審査についても詳しく掲載していますので、参考にしていただければ15万円を用意できます。

急に現金が必要になる

"私はフリーターの頃、家賃以外にも奨学金や車の任意保険、携帯料金に健康保険等の公的費用など、様々な支払いが毎月あったので貯金がほぼ出来ない生活を送っていました。
勿論生活費など色々と切り詰めてはいたのですが、やっと貯金が出来ても何かしら大きな出費があって貯金がまたゼロになってしまっていました。
そんなある時、車は父からの譲り物だったのでローンは無く5月の自動車税をやっとこさ納めた直後に、追突されてしまったのです。
私が信号待ちをしている時に、脇見運転をしていたミニバンに乗っていた主婦が私の停車に気づかず追突し、私の車は全損で私も首辺りに違和感を覚える事態となりました。
勿論車の修理費や通院費などは、相手の任意保険から支払われるので良かったのですが、首に違和感をもったのが追突後1時間程してからだったので、その場では救急車も呼ばないで、後から自分で整形外科の救急に向かう事となりました。
追突されたのが祝日だった為、受け入れ先が救急しかなかったのです。
そこで困ったのが、どこの救急先も交通事故で保険に支払いは直接請求にはなるが、受け入れ当日だけは現金で一旦私が立て替えて治療費や診療費を支払わなければいけないと言う事でした。
私は普段クレジットカードを主に利用していて、現金を多くは持ち歩かないですし、何よりも下ろすお金自体が給料日前日で預金にありませんでした。
多少なら現金をかき集められるかと思ったのですが、何しろ救急の時間外診療で、事故の為に精密検査も行うので、かなり高額の請求になると言われたのです。
警察にはもし病院に行くなら事故当日に、と念を押されていたのでとにかく病院には今日かからなくてはと焦っていました。
首が痛い中色々と探し回って5時間後、無事私が立て替えなくても大丈夫な救急受け入れ先が見つかったのですが、こんな時に現金が必要なんだと強く痛感した出来事でした。
よりにもよって1番お金が無い給料日前日で、クレジットカードも使えない病院での支払いだったので、本当にこの時は困りましたね。
今となっては勉強になった良い思い出ですが、この事をきっかけに預金残高を気にする様になっています。"

しかし、夫は持っていた

"不況続きで給料日前はいつもカツカツな我が家ですが、先月の給料日前は本当に泣けました。
毎月25日が夫の給料日なので、いつも15日には「少し引き締めなくちゃ」と思い始め、20日過ぎには「あと5日何とか乗り気らないと」ということになるので、20日過ぎには「1日1000円」と決めてその範囲内で夕飯のおかずや日用品を買うようにしています。しかし、1日に使える金額が決まっているということは、急な出費には対応できないということになります。
「今月も何とか乗り切れたな」とホッとしてた給料日前日の夕方、長男が「部費5000円ちょうだい。明日までだって」と言い出しました。今日も夕飯で1000円を使ってきたばかりなので私のお財布の中はすっからかんです。急に言われてもと思いましたが、子どもにお金がない苦労をさせるのは忍びないので家中探しました。すると昔に貯めて忘れていた100円玉貯金が出てきました。数えてみると100円玉が64枚入っていました。そう6400円です。
「よかった〜」思い、息子に100円玉50枚を渡そうとすると「え〜100円玉50枚なんて格好悪くて持っていけない」と言うではありませんか。「玉でも札でもお金はお金でしょうが」と言いたかったのですが、もし、息子の立場だったら同じように感じるだろうなと思い、夫に相談すると「あ〜両替してあげるよ」と言われました。ん?両替できるってことは5000円以上持ってるってこと?と我が耳を疑いました。私は毎月節約に励んでいるのに夫はしっかり持っていると知って、悔しいやら悲しいやらで涙がでました。今月から夫の小遣いを減額したのは言うまでもありません。"

給料日前に金欠になった思い出

"行事が重なった事により、給料日前に金欠になった思い出があります。
行事とは、「結婚祝い」、「出産祝い」、「誕生日」といったものです。

いずれも、おめでたいことなので、そこは相手の為に気持ちよくお金を使いたいし、けちけちしている場合では
ありません。例えば、出産祝いなどは、予算をちょっとオーバーしたとしても、「相手が本当に喜んでもらえるものを
プレゼントしてあげたい」という気持ちから、むしろすがすがしい気持ちでお金を使っていましたが、

実際問題、行事関係が重なると想定外の急な出費が増えるわけで、給料日前とはいわず、給料日までかなり
あるのに、「もらった給料、あとこれだけしかない・・・」という状況になっていきました。

「結婚祝い」や、「出産祝い」は、しょうがないにしろ、正直「誕生日を祝う」ということに関しては、
何も皆で祝う必要はなく、「子供の頃の遠足のように一人300円以内と決めて、お菓子でも食べとけば
いいのではないか。祝う気持ちが大事。」という心境になっていきました。

もちろんそんな提案はできませんが、お昼のランチ代をつつましく節約している、
給料日前の金欠人間にとっては、1回のご飯代で何千円もの出費は痛いものがあります。

お金を払う時に「このお金をちょっとずつ分散させて使った方が、有意義なのでは?」
と、悲しい気持ちになりましたが、誰も金欠の友達はいなかったようなので、一人孤独を
感じ、次の給料日までの超節約生活は続きました。


"

お酒はとことん付き合います

"給料日の前日、会社へ抜け出して銀行の窓口へ行った。
お金を引き出すためだ。
ATMではなく、なぜわざわざ窓口なのか。
それは1000円を切り、端数となった943円を手にするのに、
それしか方法がなかったからだ。
窓口で小銭を受け取ったときの惨めな気持ちは今でもはっきりと覚えている。
でも、昼ごはんを食べるにはそれしか手段がなかった。
なぜ、そんな窮状に追い込まれてしまったのか。
それは配属された部署にとにかく酒が大好きなS先輩がいたことが大きい。
週末はもちろん、仕事が早く片付いたときはきまって皆を誘い、
ゾロゾロと会社近くの居酒屋へ繰り出す。
そのS先輩は、仕事が終わらない人には「店で待ってるから」と声をかけるのを忘れない。
肩身の狭い新入社員の私に、もちろん断る道はない。
一次会こそS先輩のおごり、もしくは多めに払ってもらったが、
それでも二次会、三次会となると、新入社員の身とはいえ、身銭を切らなければいけなくなる。
とうに終電を逃し、先輩に最後までつきあえば、たいてい万札が財布から消えている。
タクシーで帰ろうにも、深夜料金で5000円はくだらない。
汗と酒の匂いを漂わせ、そのまま出勤するわけにもいかず、どうしてもサウナのお世話になる。
これでも2000円から3000円の出費。
給料日の前日のように、本当にお金がないときは断りようもあるのだけど…。
S先輩の誘いを断れず、嘆いているの同期の新入社員は私だけではなかった。
ある日突然、そのS先輩が会社を辞めることになった。
しかし、我々貧乏新入社員の金欠を招く貧乏神・S先輩の退職を喜ぶ人間は誰一人としていなかった。
退職の理由はできちゃった結婚。
そう、金欠の原因であるS先輩は、会社の誰からも愛される、社内一の美人社員だったのだ。
会社の誰もが、誰かが抜け駆けするのを恐れて、
給料日の金欠も恐れずに会社のマドンナを追いかけた日々が今でも懐かしい。

"

自分なりの節約方法で乗り切っていました

"会社に勤めていたОL時代。
よく給料日前に金欠で困ったものです。

社会全体がそこまで景気がよかったわけでもなかったし、そのため給料もそれほどよくはありませんでした。

結婚して、家庭を持った今ではそんなこと考えられないですが、それでも、その当時は洋服も化粧品も自分の好きなものを好きなだけ買っていました。

中でも、わたしは洋服を買うのが大好きで、自分のストレス発散にもなっていました。

そのため、仕事が忙しかったり嫌なことがあったりすると衝動的に、たくさん洋服を買ってしまうことがよくありました。

お酒を飲むのも大好きなので、あまりお金のことは考えもせず、友人たちや彼氏とよく外食したり飲みにいったりしました。

そんな生活を続けていたので、自分でも知らないうちにお金をギリギリまで使ってしまい、給料日までもたないかも、とヒヤヒヤすることもたびたびでした。

給料日までなんとか耐えるため、朝ご飯を抜いたり、ランチをおにぎり1個にしたりしてなんとか耐えました。
他に方法が見つからなかったので、とにかく食費を削っていたような気がします。

あとは、化粧品をいつもよりちょっとだけケチケチ使うことぐらいはしたでしょうか。(笑)

それでも、当時は若かったのでそれを苦痛とも感じませんでした。

結局自分のすきなようにしたらいいし、まだ家族などの守るものもなかったので、それはそれでとても楽しい生活でした。

今考えると、メチャクチャな生活だったかも知れないけれど、あの頃は楽しかったなあ、と思います。


"

キャッシングを堅実に利用する

" 今、正直にキャッシングにはまったく抵抗ありません。どこのキャッシュディスペンサーでも使え、銀行のカードだか、信販系やノンバンクのカードがか、利用の仕方はまったく変わりません。何の躊躇もなく利用できます。
 敷居が低くなったと思います。そして意識として感じるのはノンバンクは、信販系と同じ立ち位置ということです。信販系は良識的でノンバンクはちょっと怖いイメージが以前はありましたが、この頃は変わりません。
 それだけノンバンクの経営イメージが、改善されている証拠だと思います。借り易さだけを強調していた以前のコマーシャルとも、ずいぶん変わったように思います。そのへんが浸透されてきたのではないでしょうか。
 以前に比べれば聞いたことのないような、社名もすっかり聞かれなくなり、大手というか安心な会社の名前ばかりです。これまで利用してきた立場だからこそ、カードを無意識に分けて考えますが、これからはそういう考えのない、利用者が増えてくると思います。
 つまり利用する側の使い道が大きく変わり、限度額一杯で借りる人自体、少ないのではないでしょうか。必要な時にだけ利用し、入ったら返済する健全な利用客の利用が増えていると思います。
 純粋に生活の余暇の部分に、当てる人が多いと思います。私たちの頃は生活のためだけに使っていたと思います。でも社会に本当に普及するとは、実はこんな健全な利用の仕方のことに思います。キャッシングを堅実に利用する時代なのです。"

こんなキャッシングサービスあればいいな

"私はよくキャッシングをします。二年前から利用しているのですが、もっとサービスがあればいいなと思います。
たとえば、十回キャッシングしたら一回は無料になるなどです。それは金利の事なのです。
キャッシングの金利って結構高いものです。でもその金利が一回だけでも無料になると、とても楽になれるのです。そして金利がないと借りた分だけを返済すればいいのです。
もしもそうなったら、今以上にもっとキャッシングを利用すると思うのです。もちろん私だけでなくて、誰であってもそうなのです。まだキャッシングを利用した事のない人だって、きっと利用する気にもなると思うのです。
間違いなくとも私はそうでしょう。今では簡単に機械や、ネットでもキャッシングできる時代です。だからサービスがもっと充実していれば、もっと身近に考えられると思っています。そうなってくれれば、もっと利用する機会も増える事でしょう。
それ以外では利用した人の中から、抽選でプレゼントというのもいいなと思います。それは一ヶ月に二回以上利用したら、応募できる懸賞のようなものです。自動で応募になるのもいいでしょう。
忘れた頃にプレゼントが届いたら、とても嬉しいと思うのです。そんなサービスが少しでもあれば、もっとキャッシングにも目を向ける人が多くなると思うのです。そうなってくれれば、利用者も増えます。
何でもいいのです。ちょっとした気持ちのサービスがあれば、きっと何かが変わると思います。私はそう願っているのです。"

一生使いたくないサービス

"世の中、簡単にキャッシングサービスを利用する人もいますが
私は絶対にキャッシングしたくないです。

以前、銀行で口座を開設した時に強引にキャッシングを付けられましたが
結局使いませんでした。

クレジットカードのキャッシングも、最初から申込みません。
申込時にどうしても申請しなくちゃいけない場合は、
カードが届いた後に、枠をゼロにしてもらいます。

キャッシングって結局は借金。
借金してまで購入していいモノといえば、住宅や車くらいだと思っています。

住宅ローンと比べると、金利は圧倒的に高いです。
あとで利息を払わなくちゃいけないなんて、もったいないと思います。

それに、そこまでして買わなくちゃいけない物ってありますか?
どうして、お金を貯めてから買わないんでしょう?

キャッシングしたお金は自分のお金ではありません。
必ず返さなくてはいけないお金です。

利息を払う位なら、毎月少しづつお金を貯めて買うべきだと思うんですが。


生活が苦しくて、キャッシングという人もいるかもしれないけど、
それだったら、生活環境をもう一度見直しするべき。

現状把握がちゃんと出来てないから、あとで返せなくなり、
返せないから、別のキャッシングに手を出して多重債務者になったり・・。

私は、どうしてもキャッシングをする人って、お金の管理が出来ない
だらしない人だと思ってしまいます。

そして、気軽にキャッシングを進めてくる銀行の人や
カード会社にもイラッとしてしまいます。

お金を貸したり借りる前に、利息の事をもう少ししっかりと
頭に叩き込んでから利用するべきだと思います。


"

キャッシングサービスについての本音

"私の基本の考えとしては、やはりキャッシングは反対です。あれほどの夢のようなカードは、本当に怖い話です。今、お金が無いのに、その人間に対して融資してくれる企業なんて、どうかしていると思わなければなりません。
借りたカネを返す支払いの日は、緊張感も生まれます。万が一、支払いが失敗に終わると、実家に電話がかかってくることもあるのです。実際に何度か、母親にその電話を聞かれてしまいました。〇〇って名乗る会社から、留守電メッセージが入ってるよ!と母親に言われると、やはり私もドキ!っとします。こんな話はなるべく親に知られたくないものです。
おおよそ私が24歳の頃からなのかもしれませんが、母親から口癖のように、「借金はするな」と聞かされていました。私は常にバイトか何かしらの収入源が有ったので、「借金」とか「返済」なんて、全く御縁が無い世界だと、当時は思っていました。
借金は、どんな人間にも可能性があるのだなと感じたのは、私が三十代以降になってからだと思います。世の中の厳しさを知ったのは、本当に最近の事です。
とにかく、「督促の電話」ほど恐ろしいものは有りません。たいていの場合は、女性の声で留守メッセージが残っていました。ああいう関係の会社と電話をする際には、こちら側は冷や汗もかきます。
比較の例え話に、携帯電話料金の支払いの話を書きます。ああいった毎月の支払いは、企業のイメージも有ったりするので、案外こちらも時間稼ぎを出来たりします。ハガキで二度目の振込用紙が郵送されたり、携帯電話に直接メールで、支払いの督促が来たことが有ります。何となく段階的であり、猶予を与えられている感じもします。携帯電話の場合にお金を払えないままだと、最終的に回線を止められた過去が一度だけ有ります。ああいう話と実際の借金は、比較してしまうと何だか事(こと)の重みが大きく違うように感じてしまいます。
借金返済が滞るという事は、大きな事件なのです。向こうは強気態度に出る可能性も有ります。支払えないで逃げる(夜逃げ)しかないかなと感じた事だって、私には数回あります。早い段階で友人や両親に助けを求めていれば、精神的なストレスも感じずに済んだだろうと思います。
キャッシングサービスは有り難い話ですが、支払いの時期ほど怖いモノはありません。この世から借金制度は無くして欲しいです。借金サービスは、自殺者を生み出しかねません。返済が困難な場合に相談できるような受付窓口は絶対に必要です。借金で困っているだなんて、親にも友人にも相談できない話です。日本の有り方を早い段階で考え直すべきだと感じています。"

1度借りると繰り返す

"ちょっとのつもりがあっという間に利用金額いっぱいまで借りてしまい、全額返済までに苦労して返した事が何度かあります。
借りるのは簡単ですが返すのは一苦労です。わかってはいるのですが、ついお金が足りなくなると利用してしまいます。
やはり1度借りると繰り返してしまうものです。
1.2万円なら来月一括で返すぞ、と思いながらまた来月には2.3万円と借りて借金額がどんどん増え、返済にはリボ払いを利用し1万円の返済額にして、それが毎月毎月続いていきます。そうこうしているとご利用可能額になるのはほんとすぐです。そして返すのに当然利子もつきますから最初のうちは利子分しか減らず、明細見るのが嫌になります。
こうして繰り返してキャッシングを利用している者としては、たしかに有難いサービスだとは思いますが借りると言う事に慣れてしまうから利用するのであって、最初からこんなサービスさえ無ければ自分の有金だけで生活すると思います。
心のどこかで、お金なんて借金すればいくらだってあると思っているから借りてしまうのだと思います。この思いを捨てなければ一生借金からは逃れられないような気がします。
「キャッシングサービス」昔はかなり抵抗があったものですが、今は女性用のものまでできて借りやすくなっているのでしょうか。銀行のキャッシュカードにも機能がついていて気軽に借りれますよね。あまり良くない傾向だと思います。
利用したことあるのに何ですが、あまりこのサービスに賛成はできません。ほんと全額返すのに苦労しますからね。"

最新のエントリー一覧

しかし、夫は持っていた
"不況続きで給料日前はいつもカツカツな我が家ですが、先月の給料日前は本当に泣けま...

お酒はとことん付き合います
"給料日の前日、会社へ抜け出して銀行の窓口へ行った。 お金を引き出すためだ。 A...

自分なりの節約方法で乗り切っていました
"会社に勤めていたОL時代。 よく給料日前に金欠で困ったものです。 社会全体がそ...